八鹿夏まつり花火大会2016のおすすめスポットと駐車場の場所は?

NO IMAGE

どうも、管理人です。
も7月も半ばになり、本格的に熱くなってきましたね。
夏といえば花火に祭りですよね。
兵庫県にある八鹿夏まつり花火大会について調査しました。

<スポンサードリンク>

八鹿夏まつり花火大会ってなに?

兵庫県にあるお祭りで、養父市八鹿町という場所で行われます。
八鹿でなんと読むのかわからなかったんですが、”ようか”と読むみたいです。

2004年4月1日、養父郡4町の合併により養父郡という読み名から
「養父市」に変わったようです。

八鹿夏まつりのフィナーレとして
1700発の花火があがります。

また八鹿市では、「つくりもの」が有名のようで
100年の歴史を持っています。

「つくりもの」って何?と知らない人がいると思うのですが
日用品を使用して作る、建造物やキャラクターの造りもののことです。

こういうものです

すごいですね。一瞬本物かと思いましたよ
これを生活用品だけでつくってるんですから伝統といわれても納得です。

お祭りではこの「つくりもの」と花火が一緒にみれるとのことです。

2016年の花火大会の日程とアクセスは?

今年2016年の花火大会の日程ですが、
7月17日(日) 20:00~21:00になっています。

小雨決行で、荒天時は2016年7月18日(祝)に延期されます。
交通アクセスですが、 JR八鹿駅から徒歩15分
北近畿豊岡道八鹿氷ノ山ICから国道9号経由で東へ車で5分
の距離と。駅からは少し歩きますが車だとすぐですね。

<スポンサードリンク>

駐車場は?

駐車場も完備されています。
そして無料です。しかし台数が660台しか停めれないです。
規模的にはそこまで大きくはないので、地元の方が多いのかも知れませんが
花火が好きな人もいますから、他方から来ることも予想されます。

人入りは約3万7千人。
なので、もし確実に停めたいのならピークを避けて
早めの行動をおすすめしますね。

観覧のおすすめスポットは?

気になるおすすめスポットですが

まず打ち上げ場所がこちらの八木川上流になります。

河川敷での打ち上げなので
川の反対側からみるとみやすいかと思います。

あとは、山陰道の歩道側から見ると良く見えそうですね!
辺りにそこまで大きな建物もないので特に見えにくいということもなさそうです。

八鹿高等学校の前の道もちょうど見えやすいと思います。
北のほうに、東西に流れる土佐川の方からはあまりおすすめしませんね。
間に大きな建物があるので、見えにくいかと思います。

本日は八鹿花火大会について調べてみました。
そこまで大きな花火大会ではありませんが、伝統工芸が見れたりするので
行く価値はあると思いますよ。

<スポンサードリンク>

エンタメカテゴリの最新記事