水溜りボンドの復帰はいつ?医療従事者の寄付金額はいくら?

水溜りボンドの復帰はいつ?医療従事者の寄付金額はいくら?

人気YouTuberの水溜りボンドが7月17日、
約3週間ぶりに自身のチャンネルを更新し、
これからの活動に関しての報告を行いました。

動画にはカンタさんが1人で出演し、
トミーさんが参加していたYouTuberの宴会騒動について改めて謝罪。
今後の動画収益を医療従事者に寄付することも発表しています。
また、復帰時期については未定とのことでした。

緊急事態宣言下のYouTuberによる宴会騒動

『文春オンライン』が6月24日に報じた、
緊急事態宣言下のYouTuberによる宴会騒動。

大人数のYouTuberが集まり深夜までパーティーを開いていたことが明らかになり、
水溜りボンドのトミーさんの参加も報じられていました。

その後、宴会の開催されていた会場が
トミーさんの経営する飲食店だったことが発覚。

動画「今回の報道に関して」を投稿し、
トミーさんが活動の自粛を発表しました。

7月16日にはトミーさんがTwitterを通じて、経営する飲食店の閉店を報告。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止協力金の返納などを発表しています。

水溜りボンドの復帰はいつ?

約3週間ぶりとなった動画では、
一連の騒動に関する詳細については、
状況がまとまり次第、トミーさん自身が動画で説明すると報告。
また、トミーさんの復帰時期については、
現在まったく考えていないと説明しました。

ファンからは復帰を望む声が多く上げられていますが、
実現するならば、復帰時期はいつごろになるのでしょうか。

今回の事の発端(主役)であり、水溜りボンドとも深い交流のある、
同じく人気YouTuberのあやなんさんは、
7月13日に2週間ぶりに自身のTwitterを更新し、
「本日よりSNSの活動を再開させて頂きます」と報告。
報道からは約3週間での復帰ということになります。
しかし、ネット上では「活動再開早すぎない?」
といった疑問の声が続出しています。

両者を比較すると、復帰時期にかなり差がありそうな気がします。
自身の誕生日会だったらしいので、
一見、あやなんさんに世間の目が集中しているように思えます。
しかし、会場はトミーさんが経営する飲食店で、
さらには、今回の騒動が原因でそのお店も閉店することとなり、
従業員の生活を心配する世間の声が大きくなっていると思われます。

水溜りボンドはファンからの信頼が厚いイメージが強く、
今回の不祥事とのギャップが大きいことから、
トミーさんの復帰時期はまだまだ先になりそうですね。
具体的には、半年から1年はかかってしまうのではないでしょうか。

医療従事者への寄付金額はいくら?

水溜りボンドは、2020年5月28日に自身のチャンネルで、
コロナ医療支援募金を応援し、呼びかける動画を投稿しています。

この動画の存在がいわゆる”ブーメラン”となっているのも確かで、
実際にこの動画のコメント欄にも多くの批判が寄せられています。

今回の動画内で、今後の動画収益を医療従事者へ寄付することを発表していますが、
水溜りボンドが活動を自粛している間に、どれほどの収益が出るのでしょうか。
活動自粛期間を1年と設定し、予想してみたいと思います。

水溜りボンドの現在のチャンネル登録者数は約400万人、
動画再生回数はメインチャンネル・サブチャンネル合わせて月間3000万回〜4000万回です。
これらを踏まえると、YouTube広告のみで年収1億円〜1億3000万円となるでしょう。

今回の不祥事によりチャンネル登録者数が減ったとしても、
野次馬のようにフラフラと過去の動画を再生する人もいると思うので、
大きく年収が下がることはないと思いますね。

以上のことから、水溜りボンドが1年の活動自粛期間を設け、
その間のYouTube広告による収益を全額寄付するのであれば、
約1億円が医療従事者の元へ渡ると予想します。

あの人気YouTuberヒカキンさんも昨年に1億円の寄付をしていますので、
世間の信頼を取り戻そうというのであれば、
相応、いや、妥当な金額かもしれませんね。

17日の動画でカンタさんは、

「この期間、今までの活動をたくさん振り返りました。
本当にたくさんの方に応援していただいて、ここまで来れたこと、
その中で裏切ってしまったこともありました。
そんな方々にも、もう1度信頼してもらえるように、
僕自身が大好きなYouTubeであり、動画であり、
水溜りボンドをもう一度信頼してもらえるように、
これから頑張っていければなと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします」

と結んでいました。

Youtuberカテゴリの最新記事