鬼滅の刃おもちゃの日輪刀第4弾予想!次は誰の刀が発売されるのか?

鬼滅の刃おもちゃの日輪刀第4弾予想!次は誰の刀が発売されるのか?

アニメ『鬼滅の刃』に登場する武器を再現した音声搭載なりきり玩具
「鬼滅の刃 DX日輪刀」シリーズの第4弾
「鬼滅の刃 DX日輪刀~煉獄杏寿郎~」が、
2021年9月18日(土)に発売予定で、
2021年7月19日(月)より予約受付が開始されました。

本商品はアニメ『鬼滅の刃』に登場するキャラクター・
煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)の武器である
「日輪刀」をイメージしたなりきり玩具です。
炎の呼吸の型や、「この煉獄の赫き炎刀がお前を骨まで焼き尽くす!!」など
煉獄杏寿郎らの劇中音36種が収録されています。
さらにDX日輪刀シリーズ初となる上弦の鬼・猗窩座の
「鬼になれ杏寿郎」といった台詞や、
炭治郎、善逸、伊之助の「煉獄の兄貴ィ!!」など、
劇中で印象的なシーンの掛け合いを再現することが可能です。

煉獄杏寿郎の炎の呼吸の型を表現するため、
刀身部分に「炎」のデザインを施し、
ボタンを押すと刀身が炎に照らされるように赤く「光る」仕様に仕上がっています。

ファンにとっては待望の発売となったであろう煉獄杏寿郎の日輪刀ですが、
今回は、この次は誰の日輪刀が出るのかを予想してみたいと思います。
気が早い気もしますが、やっぱり気になっちゃいますよね。

次は誰の日輪刀?宇髄天元か、柱のメンバー?いのすけ?

第1弾の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)、
第2弾の胡蝶しのぶ、
第3弾の我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)
に続いて今回発売となった煉獄杏寿郎の日輪刀。
すべて人気キャラランキングで常に上位に位置するキャラクターばかりです。
主人公や超重要キャラ、映画版の主要キャラなどが当てはまります。

では、次は誰の日輪刀が出るでしょうか。
勝手に予想しちゃいます。

宇髄天元(うずい・てんげん)の日輪刀

2021年7月13日に配信された、アニメ『鬼滅の刃』(きめつのやいば)の特番
“鬼滅テレビ 新情報発表スペシャル”にて、
アニメ2期“遊郭編”の新情報が公開されました。
この遊郭編においての主要キャラクターが宇髄天元です。

鬼殺隊には、鬼殺隊を率いる9人の最強剣士がおり、
宇随天元はそのうちの一人、音柱です。
今回発売した日輪刀の持ち主、煉獄杏寿郎もうちの一人で炎柱になります。

派手を司る神として、普段はパンクファッションのような化粧や
「派手に」という口癖で変なキャラクターですが、
いざとなると人への気遣いや音柱としての強さが見えてとてもかっこいいです。
命の優先度として一に女房、二に堅気、三に自身とするほどのイケメン具合です。
言わずとも知れた人気キャラクターですね。

天元は二刀流の剣士で、日輪刀は巨大でありその二つを鎖のようなもので繋いでいます。
日輪刀は通称色変わりの刀と呼ばれていて、
持ち主の呼吸適正によって色が変わります。
音柱である天元の刀の色は、黄色に近い橙色となっています。

善逸と色味が似てしまうことと、
今まで発売されたものはすべて一刀流であるため、
現実的な大きさやコスト面の影響は気になります。
しかし、この日輪刀が発売されるとなれば”アツい”です。
なんていったって二刀流ですからね。

また、アニメ2期のメインキャラでもあることから、
宇髄天元の日輪刀を最有力候補とさせていただきます。

嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)の日輪刀

主人公の竈門炭治郎や我妻善逸と同期にあたる鬼殺の隊士です。

常に上半身裸で、イノシシの皮を頭から被るなど、
ザ・野生児といった風貌が特徴です。

その性格は、粗暴で乱暴、荒々しい性格をしており、
よくキレたり大声を出すなど、風貌の通りの野性的な性格をしています。

その生き様はまさに「猪突猛進」という言葉がピッタリで、
どんな敵に対しても臆せずの真っ向から向かっていきます。

伊之助も宇髄天元と同じ二刀流で、日輪刀は刃こぼれしてギザギザしています。
色は至ってシンプルで、実在する刀のようにグレーとシルバーとなっています。

こちらも二刀流なので、天元と同様の懸念点はありますが、
とても人気のキャラクターなので、次作の可能性は大いにあると思います。

富岡義勇(とみおか・ぎゆう)の日輪刀

竈門炭治郎と同じく水の呼吸の使い手で水柱として君臨しています。

常に冷静沈着で完璧な男の子ですが、
少し天然なところがありギャップ萌えするファンが続出しています。

日輪刀はとても分かりやすい青で、
刀身の根本部分には「惡鬼滅殺」の文字が刻まれています。
この文字は柱の刀にのみ刻まれるもので、
普通の隊士の日輪刀には何も彫られてはいません。(炭治郎のは例外です)

こちらも例によって、色が被ってしまうなどの懸念点はありますが、
人気キャラランキングでは、我妻善逸に続いて2位を獲得していますので、
次作の有力な候補になるでしょう。

エンタメカテゴリの最新記事