kiii騒動の今井貴則会長って何者?THKホールディングスの事業内容も調査

kiii騒動の今井貴則会長って何者?THKホールディングスの事業内容も調査

大手ユーチューバー事務所の
kiiiが騒動を起こしてます。

それも、社長が急に代わり混乱が巻き起こっているようです。

ユーチューバーが辞めることがよくあることですが
大物ユーチューバーがこれだけの人数やめるということは
異常事態だと思っていいでしょう。

今井貴則会長が高田樹社長からKiiiを乗っ取った?

今井貴則さん。読みかたは

「いまいたかのり」だと予想されます。
その人が騒動の中心であるとされています。

前の社長は、他の記事でも書いた通り
クリエイターからの信頼は厚かったようです。

その社長がいきなり辞めることも不自然ですし

クリエイターが一斉にやめることも不自然です

そして会長の今井とは誰なのか?

今井氏はTHKホールディングスという会社を経営しており

かなりガラが悪く評判はあまり良くないようです。

業務内容は

・債権回収業
・風俗広告

など。です。

まぁ買収相手の会社の仕事内容が怪しいにもかかわらず

さらに、この騒動でかなり不信感を生んでいますね。

THKホールディングスの事業内容や仕事内容は?

THKホールディングスについてですが

HPがありました。

  • 会社名
    株式会社THKホールディングス
  • 設立
    平成19年5月30日
  • 代表取締役会長 兼 CEO
    今井貴則
  • 常務取締役(CFO)
    野崎明
  • 取締役
    大島康人
  • 取締役
    西條恭史
  • 取締役法務部長(CLO)
    島本泰宣
  • 法律顧問 法律顧問弁護士
    伊藤茂昭(シティユーワ法律事務所)
  • 法律顧問 法律顧問弁護士
    島本泰宣(東京双葉法律事務所)
  • 資本金
    5000万円
  • 主要取引銀行
    三井住友銀行
  • 従業員数
    748名(グループ含む)

従業員もかなり多いく
資本金も多いので、大きい会社ですね。

事業内容についてですが

ソフトウェアプロダクト、関連ソフトウェアの研究開発・流通、通信機器販売業、システム開発事業、インターネット広告事業、プロダクション事業、広告代理店事業、Webサイト制作・運営事業、デザイン業務など、さまざまな企業を傘下としております。

と書いてますが

実際はどうなんでしょうか?

街中でよく見る
「バーニラ、バニラ、バーニラ♪」

で有名な広告もこの会社が担当しているようです。

昔からある広告ですし
完全なブラック企業ではないにしても

法的な問題がなくても、責任者の人間性が
疑われてる状態かもしれません

今井貴則は半グレ?反社会勢力だという噂

今井貴則さんが本当は反社なんじゃないかと
噂があります。

反社とは、反社会勢力のことで
日本で言う、ヤ○ザと言われてる人たちですね。

半グレとも言います。ヤ○ザと半グレは意味が少し違いますが

今は昔みたいに、日本刀持って
オラオラしてる人ばかりではなく

一見普通そうに見える人が
反社だったりしますから、見た目ではわかりません。

今はITが発達してるので
詐欺などで利益をねている
いわゆる知能犯的な人も多くいます

定義に関してですが

それもそのはずで、前述したように現代の反社会的勢力は、準構成員や密接交際者をはじめとし、“暴力団に所属せずに犯罪行為を繰り返す集団”を指す、いわゆる「半グレ」や、オレオレ詐欺・架空請求詐欺などを主な収入源とする、通称「特殊詐欺集団」 、社会運動を仮装し、又は標榜して、不正な利益を求めて暴力的不法行為などを行う「政治運動標ぼうゴロ」など、データベース上には登場しない“秘匿性の高い反社”が極めて多様化するに至っています。

などです。
風俗関係を生業としてることから
こういった疑惑が生まれたんですね

実際のところはまだわかりません。

Kiiiの後任は中栄一喜は誰で何者なのか?

現社長である中栄さんも、怪しい噂があります
今井会長と繋がってるとのことで
もしかしたら、中栄さんは表に立っているだけで

実際の動きは、今井さんが全て仕組んだことかもしれません

決めつけは良くないですが

就任した途端、前会長の高田さんを追放
さらに、高田さんはいい人で、周りの人からの信頼も厚いですもんね

そうなってくると、実際はどうなんでしょうか?

Kiii前社長高田樹が慕われていた理由は?

前社長の高田さんが慕われているのはわかったけど
何が理由で慕われていたんでしょうか?

実は高田さんはアプリの開発会社もやっていて
その会社が制作した、「謎解き脱出ゲーム」が
2020年のアップルストア年間ランキングで1位の2億ダウンロードを突破したそうです

そんな人が、ユーチューバー事務所をやったからこそ
経営のノウハウをわかっているからうまくいったんですね。

また、仮面ユーチューバーのラファエルは
案件の仲介手数料を多く持っていったとされる
VAZZからkiiiに移ったのも

高田社長の敏腕仕事だった可能性がありますね。

ただ単に、クリエイターが支払うお金が少ないから
だというわけではなく

サポート体制が充実していたんではないでしょうか?

そうでないと、ガードマンが「大人で一番尊敬してる」
なんて言わないですしね。

でもここまで言いましたが、実際

今井会長の会社が
めちゃくちゃ怪しい会社だったとしたら

何十年も生き残ることなんて出来ませんからね。

今後どうなっていくのか?追記していくつもりです。

中栄さんの記事についてはこちらでも書きましたので

ご覧ください。

(Kiii事務所)新社長の中栄一喜ってどんな人?敵対的買収か?

kiii騒動の今井貴則会長って何者?THKホールディングスの事業内容も調査

Youtuberカテゴリの最新記事